NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年10月28日(水)予定)

業種から探す

絞り込み結果:商社・流通・小売

ユニクロ旗艦店に見る、ウィズコロナのDX戦略

ユニクロ旗艦店に見る、ウィズコロナのDX戦略

ユニクロは緊急事態宣言解除直後にグローバル旗艦店「UNIQLO TOKYO」をオープン。With/Afterコロナにおける小売業DXのロールモデルとして立教大・田中教授が同社デジタル戦略を解説します。

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

ウォルマートに学ぶ、非デジタルネイティブ企業がDXする方法

非デジタルネイティブ企業でありながら、DXで成果を上げている米・小売大手、ウォルマート。同社の戦略について、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授が語ります。

「コロナ禍の2カ月で2年分のデジタル変革も」CDO Summitレポート

「コロナ禍の2カ月で2年分のデジタル変革も」CDO Summitレポート

2020年6月2日(火)、「CDO Online Summit Tokyo 2020」にて行われたCDO Club創設者デビッド・マシソン氏と、一橋大学 商学部の神岡太郎教授の講演の模様をレポートします。

ニューノーマル時代に、AIは働き方をどう変えるか?

ニューノーマル時代に、AIは働き方をどう変えるか?

新型コロナウイルスによる社会やビジネスの変化(ニューノーマル)に対して、AIを活用した解決手法が注目を集めています。AIエバンジェリストが事例を交えて解説します。

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

なぜ三菱商事は、「自前主義」のIT基盤から脱却したのか?

三菱商事では、自社のIT基盤を“激しい環境変化に対応できるスピード感とコストパフォーマンス”を備えたものに更改しました。一体、どのような基盤なのでしょうか?

「なぜアマゾンやアリババはCXにこだわるのか」立教大・田中教授

「なぜアマゾンやアリババはCXにこだわるのか」立教大・田中教授

アマゾンのようなデジタルディスラプターによって「モノでなく体験にお金を払う」時代が到来しています。国内小売業はどう対峙していくべきか、立教大田中教授に聞きます。

流経大・矢野教授「トラック積載率は40%、物流のIT化は非常に遅れている」

流経大・矢野教授「トラック積載率は40%、物流のIT化は非常に遅れている」

AI、IoTによる物流センター業務の自動化など、物流業にもDXの波は押し寄せています。しかし流通経済大学の矢野裕児教授は「それ以前に解決すべき課題がある」と指摘します。

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

DX先進企業のCDOが語る「データ活用の課題と展望」

増え続けるデータはどのように活用すればよいのでしょうか。セブン&アイ、パーソル、横河電機、 Wovn TechnologiesといったDX先進企業のCDOによるデータ活用事例から紐解きます。

デジタルなトレーニングツールを導入し接客力アップ

デジタルなトレーニングツールを導入し接客力アップ

アプリでお客さまの声を聞き、タブレットでクルーのトレーニングを行うなどDXを顧客満足度につなげる日本マクドナルド。同社のコミュニケーション戦略について広報部蟹谷氏に伺った。

ServiceNowで何ができた? NTT Comは「入社手続き自動化」、楽天は「RPA管理」

ServiceNowで何ができた? NTT Comは「入社手続き自動化」、楽天は「RPA管理」

ServiceNowは、どのように活用されているのでしょうか。ServiceNow主催のイベント「Now at Work Tokyo」の講演から、NTTコミュニケーションズと楽天の取り組みを紹介します。

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

育児用品メーカーのピジョンは専用アプリ連動の電動さく乳器「母乳アシスト®」を国内初開発。アプリ開発経験ゼロから始まったベビーテックさく乳器開発秘話を紹介します。

オットージャパンがDXで目指す、One to Oneコミュニケーションとは

オットージャパンがDXで目指す、One to Oneコミュニケーションとは

コンタクトセンターの業務効率化や顧客満足度向上に取り組むオットージャパン。改革を推進するカギは、「顧客接点のDX」でした。

SMBを守るランサムウェア防御率100%のセキュリティ

SMBを守るランサムウェア防御率100%のセキュリティ

世界150ヶ国1億ユーザーに採用されている次世代エンドポイントおよびネットワークセキュリティのリーダー企業ソフォスの代表中西氏にサイバー攻撃対策のポイントを伺った。

サブカル少年が「画像一筋」を貫く会社を興すまで

サブカル少年が「画像一筋」を貫く会社を興すまで

業務用の画像処理検査装置を開発・販売するヴィスコ・テクノロジーズ社。創業者である代表取締役社長の足立秀之は、もともとはガンダム好きのサブカル少年だった。

コープ東北がオリジナル版「脳トレ」を開発した理由

コープ東北がオリジナル版「脳トレ」を開発した理由

東北6県で生活協同組合事業を手掛けるコープ東北で、基幹システムおよび物流システムの統合ならびにネット戦略を統率する常務理事の河野敏彦氏にIT戦略を語っていただいた。

事業者都合の施策から、価値ある顧客体験の提供へ

事業者都合の施策から、価値ある顧客体験の提供へ

株式会社設立75周年を迎えた老舗アパレルの三陽商会。継承と革新を掲げ、総合ファッションカンパニーへ転換を目指す同社のオムニチャネル戦略をIT戦略本部の安藤氏に伺った。

「アンダーアーマー」の社長がスポーツを通じて目指す社会

「アンダーアーマー」の社長がスポーツを通じて目指す社会

人気のスポーツブランド「アンダーアーマー」の日本総代理店である株式会社ドーム。創業者の安田秀一は、自らがアンダーアーマー社の製品に衝撃を受けた一人だった。

なぜ養豚牧場の経営者がレストランや温泉を運営するのか?

なぜ養豚牧場の経営者がレストランや温泉を運営するのか?

埼玉県の食品加工メーカー「サイボク」は、養豚に加えてレストランや温泉を開設するなど多角経営を進めている。その背景には、先代から続く「品質へのこだわり」があった。

富士そば創業者・丹道夫が従業員を大事にする理由とは

富士そば創業者・丹道夫が従業員を大事にする理由とは

東京近郊に、24時間営業の立ち食い店「名代 富士そば」を展開するダイタングループ。紆余曲折の人生で開眼した、人生観と経営哲学について創業者の丹道夫に聞いた。

創業社長の思いを受け継ぐ外食企業の経営スタイル

創業社長の思いを受け継ぐ外食企業の経営スタイル

レストランやバーなどを運営するゼットン。2代目社長の鈴木伸典には家業継承や起業家という選択肢もあったが、創業者の想いに胸を打たれ、ゼットンを企業として成長させることを決意した。

絞り込み

以下の条件から探す

検索