こんにちは!経営者のためのスタイリスト 
 イルサルト代表の末廣徳司です。

 今回でもう5回目の配信になるのですが、楽しく読んでいただけていますか?
 編集部の方から「末廣さんの記事すごく好評ですよ!」と言われ、テンションも上がり、ゴキゲンで記事を書いています(^_^)
 (基本、褒められて伸びるタイプなんです!笑)

 さてさて今回のお話は、”ベルト”についてです。
 靴、鞄、そしてベルトと続きました ”革小物” についての連載は、今回でひとまず最後です。

 何回もお話していますが「経営者の身だしなみ」で絶対に手を抜いてはいけない、投資すべきアイテムが ”革小物” なのです。
 きちんとした革小物はスーツ姿を引き立たせ、スーツを価格以上に見せてくれる。今回の“ベルト“ も同様です。

第5回 きちんと見える “ベルト”  選び方 身体の中心辺りに来るベルトはどうしても目立ちます。
 街を歩いているビジネスマンを見ていると様々なベルトをしていますね……。

・ブランドのロゴが大きくバックル(バックルとはベルトの金具の部分)になっているベルト
・デニムにあわせるようなメッシュっぽいベルト
・いかにも百貨店紳士服売場で売っているかのような黒ベルト

 色々いらっしゃいます。

 まず基本的に、ビジネスの場というのはオシャレを競うような場ではなく、自分が ”信頼しうる” 人間だというのを服装面でも印象づける場です。

 特に経営者は、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

末廣 徳司

末廣 徳司

イルサルト代表

株式会社ユナイテッドアローズ、株式会社ワールドで基幹ブランドの商品開発責任者として活躍。「“装い”で個人ブランド力は高まる」という信念の元、2009年2月起業。上場企業経営者をはじめ、プロ野球選手、アナウンサーまでクライアント数は既に2,000名を超える。最近では世界展開するブランドのスーツ部門の総責任者の任を負う。
http://ameblo.jp/exma-classico/

連載記事