Bizコンパス

何故経営者は身だしなみが必要なのか??ブランディングの重要性とは??
2012.10.31

経営者の身だしなみ第1回

何故経営者は身だしなみが必要なのか??ブランディングの重要性とは??

著者 末廣 徳司

イルサルト 末廣徳司 はじめまして!
 “経営者のためのスタイリスト”をしております、イルサルトの末廣徳司と申します。
 このコラムでは、ファッションに関するお話を、担当させていただきます。どうぞよろしくお願い致します(^_^)

 “経営者のためのスタイリストって??”って思われたかもしれませんね。
 そうですよね~あまり聞きなれないコトバだと思います。

 自己紹介代わりにも、少し説明をさせていただきます。
 私は経営者の方を専門に、シーン別(お客様の所に訪問する場面・会食の場面・プレゼンテーションの場面等)に適するスタイリングを考えたり、その方の魅力を引き出すスーツやシャツ、靴といったものを特注で作ったりと、そんな仕事をさせていただいております。
 10年以上「ワールド」というアパレル企業に勤めていたのですが、一念発起して独立したのが3年前のこと。
この3年間で2,000名以上の経営者の“見た目”を劇的に変えてきた自負があります。

 “見た目” が変わると “周囲からの目” が変わるんです。
 周囲からの目 が変わるとそれが自信になり、より自信を持って仕事に向き合えるようになります。
 自信を持って仕事をすると結果が圧倒的に変わっていくんです。
 ボクの仕事は、「着こなし術」を通して経営者に“装う事で生まれる自信”を届け常に圧倒的な成果を出してもらい幸せになっていただく事なんです。

 でもどうして「そんな仕事」が成り立つの???
 服なんて何処でも買えるし、分からない事があれば店員さんに聞けばいいじゃない!
 そう思われる方も多いかもしれません・・・。

 確かに、きちんとした店員さんのいるお店があって、自分の望むことを正確に伝える事が出来たらボクみたいな仕事は必要がないと思います。
 でも、ほとんどの方は、洋服について”きちんと”教えてもらった経験はなく、高校生や大学生の時にファッション雑誌を読んで “何となく” 洋服を選び、そして働くようになると、毎日がスーツになり、ファッション雑誌もあまり読まなくなってさほど考えることもなく、もはや制服の様にスーツを着ている。
 ボクの見る所、多くの方はそんな感じなんです。

 突然ですが、「メラビアンの法則」ってご存知ですか??
 初めて会った人の印象を、どこで判断するか? というのを調べた心理学者の名前から生まれた法則なのですが、コミュニケーションの要素ごとに、印象に残る割合を算出しているのですが、非常に面白い結果が出ているのです。

 まず… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

末廣 徳司

末廣 徳司

イルサルト代表

株式会社ユナイテッドアローズ、株式会社ワールドで基幹ブランドの商品開発責任者として活躍。「“装い”で個人ブランド力は高まる」という信念の元、2009年2月起業。上場企業経営者をはじめ、プロ野球選手、アナウンサーまでクライアント数は既に2,000名を超える。最近では世界展開するブランドのスーツ部門の総責任者の任を負う。
http://ameblo.jp/exma-classico/

SHARE