NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

サイトメンテナンスのお知らせ(2020年9月23日(水)予定)
楽天GORA「Photo Gallery」でラウンド前のイメージトレーニング
2013.01.12

ゴルファー必見第3回

楽天GORA「Photo Gallery」でラウンド前のイメージトレーニング

著者 大坪 和博

 ゴルフ場を予約する際に欠かせないのが、ゴルフ場予約サイト。その最大手である「楽天GORA」では、プレーヤー目線でのコンテンツが満載です。今回は、ゴルフ場最大の魅力でもあるコースをプレーヤー目線で紹介する「Photo Gallery」について、担当者に開発の経緯やスコアアップに有効な活用法について伺いました。

 

ゴルフコースをプレーヤー目線で撮った「Photo Gallery」

ゴルフコースをプレーヤー目線で撮った「Photo Gallery」 「Photo Gallery」がサービスを開始したのは、約3年前にさかのぼります。当時、楽天GORAは、ゴルフ予約専門サイトとしてゴルフ場の魅力をゴルファーに紹介するためには何が必要かと模索していました。そこで、プレーしている「プレーヤー目線」から見たゴルフコースを写真で紹介することにしたのです。
 ゴルフコースの写真というと、それまでは、絵ハガキになりそうなキレイな景色のものが中心で、プレー中のコースがイメージできる写真はほとんどありませんでした。そこで、楽天GORAでは、100名前後のカメラマンがほぼ同じ条件で、コースをプレーヤー目線で撮影するプロジェクトを立ち上げたのです。そうして、同じ様な目線でコースの比較ができるようにしました。そうして「Photo Gallery」が完成。今では、ゴルフ場を予約する多くのゴルファーにとって欠かすことができないコンテンツとなっています。

 

実際にラウンドしている目線でコースを見ることができる

実際にラウンドしている目線でコースを見ることができる  「Photo Gallery」で紹介している写真には、一定のルールがあります。Par4であれば、ティグラウンド、セカンド、グリーンからコースを逆に眺めるカットの3種類。Par5は、ティグラウンド、セカンド、サードがあってグリーンからコースを逆に眺めるカットの4種類。Par3はティグラウンドとグリーンからコースを逆に眺めるカットの2種類です。セカンドやサードは、IP(Intersection Point)ポイントといって、コースを設計する上で、仮想プレーヤーがプレーする際の打点(仮想プレーポイント)を目印にして撮影しました。また、グリーンからコース全体を逆に眺める写真は、グリーンからコースを見直すと、すごく戦略イメージがわくということから加えたそうです。
… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

大坪 和博

大坪 和博

フリーのディレクター・プランナー・ライター

東京23区在住、宝石販売会社、自動車マーケティング会社勤務後、金融・IR系制作プロダクション、IRコンサルティング会社を経て、PLAN Gを設立。現在ではフリーのディレクター・プランナーとして、主にコーポレートツール(会社案内~IRツール等)およびプロモーションツールのプランニングからディレクション・ライティングに至るコンテンツ全般や取材インタビュー記事を主な業務としている。書籍のゴーストライティングや企業年史、企業取材等も精力的にこなし、取材した企業数は1,000社以上。

SHARE