Bizコンパス

目指せ100切り! コースで差が付く最新情報
2012.12.20

ゴルファー必見第1回

目指せ100切り! コースで差が付く最新情報

著者 大坪 和博

日本最大のゴルフ場会社誕生騒動でゴルフ場はどう変わる?

 国内でPGMグループ(以下:PGM)<127コース運営>が、アコーディア・ゴルフ(以下:アコーディア)<135コース運営>の公開買付(TOB)を発表しました。実現すれば、日本最大の巨大ゴルフ場運営会社が誕生します。この騒動は、100切りゴルファーがこよなく愛すゴルフ場にどのような変化をもたらすのでしょうか?

 

施設やグリーンが整備され快適なプレーができるかも…

施設やグリーンが整備され快適なプレーができるかも… 練習場での成果をいかんなく発揮するためには、ゴルフ場の施設やグリーンが整備されているかどうかは一番気になるところですよね。日常の喧騒から解放されるゴルフ場、料金に見合うベストな環境でプレーしたいのは、100切りゴルファーでなくても思うはず。両社の統合騒動では、近隣のゴルフ場とグリーン整備の機械を融通する合理化や、本社機能の統合等によって経費を削減し、その分を施設整備に充てるとの説明も。このような合理化策に対抗して、その他のゴルフ場でも市や県単位でグリーン整備の合理化や施設充実が進むかもしれません。やがて、ゴルフ場の魅力アップ策として浸透していけば、これまで以上に快適なプレーができることになります。素晴らしい環境のゴルフ場でプレーすれば、スコアアップも期待できるのではないでしょうか。

 

1日の組数が増えて、窮屈さが蔓延? 

1日の組数が増えて、窮屈さが蔓延? 今回の騒動を通じて、ゴルフ場の運営やアコーディアの練習場やショップの収益性等も話題に上ることになりました。アコーディアが提唱する「カジュアルゴルフ」は、プレー時間を管理することで、1日のゴルフ場の入場組数を増やして低価格を実現し、ゴルファーのすそ野を広げてきたという功績があります。しかしゴルファーの間では、アコーディアのコースの素晴らしさを褒める一方で、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

大坪 和博

大坪 和博

フリーのディレクター・プランナー・ライター

東京23区在住、宝石販売会社、自動車マーケティング会社勤務後、金融・IR系制作プロダクション、IRコンサルティング会社を経て、PLAN Gを設立。現在ではフリーのディレクター・プランナーとして、主にコーポレートツール(会社案内~IRツール等)およびプロモーションツールのプランニングからディレクション・ライティングに至るコンテンツ全般や取材インタビュー記事を主な業務としている。書籍のゴーストライティングや企業年史、企業取材等も精力的にこなし、取材した企業数は1,000社以上。

SHARE