用語解説(IP電話編)

VoIP

2013.11.20 Wed連載バックナンバー

 インターネットなどのIPネットワーク上で音声データを送受信する技術を「VoIP」と呼ぶ。この技術により、IP電話サービスが実現できる。VoIPとは「Voice over Internet Protocol」の略。

上司<上司>

 先日IP電話と固定電話の違いについて調査してもらって助かったよ。ところで、なんでインターネットで音声とデータ通信が共存できるんだね?


部下<部下>

 IP電話のサービスは、「VoIP」という技術で共存できるらしいです。ただ、私も詳細はわかりません。ちょっと調べてみます。

 

VoIPのメリット

・インターネット回線など、既存のデータ通信と音声通話を共存させることができるので、通話料金を安価もしくは無料に抑えることができる。

VoIPのデメリット

・音欠けや音飛び、ノイズ混入など、通話品質が安定しないことがある
・FAXがうまく送受信できないことがある

もっと理解を深めるために~Bizコンパスの関連記事~

○ 固定にも携帯にも効く! 電話コスト削減術
○ 「03」でも「050」でもIP電話の利点を活用!

ワンペーパーダウンロード

「IP電話」を1枚にまとめた資料をご用意しました。上司からとっさの説明を求められた場合などに、ぜひご活用ください(ダウンロードにはBizコンパスへの会員登録(無料)が必要です)。

ダウンロード

関連用語