用語解説(IP電話編)

PBX

2013.11.18 Mon連載バックナンバー

 企業などの拠点内に設置する内線電話の接続に使用する電話交換機のこと。複数の交換機を専用線で接続することで、広域で企業内の電話通信網が構築できる。「Private Branch eXchange」の略。

上司<上司>

 来月に新設される○○支店なんだが、各担当者への電話番号の割当てや、内線電話の工事は大丈夫か?


部下<部下>

 大丈夫です。本社からも内線でかけられるようになる予定です。

 

PBXのメリット

・内線番号を割り当てられる
・ダイヤルインサービスを契約して、代表番号からの取次をせず、直通で電話を着信させることができる
・拠点間の通話も内線と同様に短いダイヤル操作で発信できる
・不在時に携帯電話に転送するなど、さまざまな機能が利用できる

PBXのデメリット

・座席と内線番号が結びついているため、席替えをすると内線番号が変わる
・各座席まで回線を引くため、設置工事に時間がかかる
・拠点毎にPBXを導入する必要があるため、多拠点化した場合は運用コストが増大する

もっと理解を深めるために~Bizコンパスの関連記事~

○ 固定にも携帯にも効く! 電話コスト削減術
○ 「03」でも「050」でもIP電話の利点を活用!

ワンペーパーダウンロード

「IP電話」を1枚にまとめた資料をご用意しました。上司からとっさの説明を求められた場合などに、ぜひご活用ください(ダウンロードにはBizコンパスへの会員登録(無料)が必要です)。

ダウンロード

関連用語