用語解説(ネット広告編)

ディスプレイ広告

2013.10.31 Thu連載バックナンバー

 利用ユーザーの多いポータルサイトなどにバナーや動画などを掲載する広告。近年では動画広告や、ユーザーの閲覧履歴に応じて表示内容が変化するものも増えてきている。

上司<上司>

 最近どのサイトに言っても同じ広告が出てくる。これは私のインターネットの閲覧履歴と連動しているように感じるのだが、最近はそのような手法の広告があるのかね?


部下<部下>

 最近のWeb広告は進化していて、閲覧履歴に連動してWeb広告を表示するものがあります。

 

ディスプレイ広告のメリット

・他の広告に比べ多くのアクセスを集めやすい
・1アクセスあたりの単価が比較的安い
・幅広い層への認知度向上を目的とした告知に向いている

ディスプレイ広告のデメリット

・成果にかかわらず広告費がかかる
・広く告知する場合、広告内容に興味のない層へも告知されるため、ユーザーに敬遠されやすい
・ユーザーの行動に直結しない場合が多いため、成約を目的とした告知には向かない
・ディスプレイ広告の設定を使いこなすのは難しい

もっと理解を深めるために~Bizコンパスの関連記事~

○ ご存知ですか?ネット広告の種類~概要とWeb型広告~
○ お金をかけず効果を上げるWebマーケティングの秘訣
○ 広告媒体の枠を超えて進化するデジタルサイネージ

ワンペーパーダウンロード

「ネット広告」を1枚にまとめた資料をご用意しました。上司からとっさの説明を求められた場合などに、ぜひご活用ください(ダウンロードにはBizコンパスへの会員登録(無料)が必要です)。

ダウンロード

関連用語