用語解説(ネット広告編)

リスティング広告

2013.10.31 Thu連載バックナンバー

 検索エンジンの検索結果画面に告知する内容を、テキストで掲載する広告。検索キーワードに対して入札する形態がとられており、1クリックあたりの入札金額やクリック数などに応じて掲載位置が変動する。

上司<上司>

 この間まで、検索エンジンの目につきやすいところに弊社製品の広告が出ていたのだが、今日は出ていない。どうしてか知っているかね?最近、入札金額を下げたということは聞いていないのだが。


部下<部下>

 確かに先日は一番上に掲載されていましたよね。早速調査してみます。

 

リスティング広告のメリット

・予算額が設定できるため、想定外の広告費がかからない
・目的意識の高いユーザーに対して、的確に訴求できる
・一般の検索結果よりも上位に掲載されるので即効性がある

リスティング広告のデメリット

・競合がより高い単価で入札してくる可能性がある
・成果をあげるためには競合の広告などを調査する必要がある
・キーワードや入札金額などを定期的に見直す必要がある

もっと理解を深めるために~Bizコンパスの関連記事~

○ ご存知ですか?ネット広告の種類~概要とWeb型広告~
○ お金をかけず効果を上げるWebマーケティングの秘訣
○ 広告媒体の枠を超えて進化するデジタルサイネージ

ワンペーパーダウンロード

「ネット広告」を1枚にまとめた資料をご用意しました。上司からとっさの説明を求められた場合などに、ぜひご活用ください(ダウンロードにはBizコンパスへの会員登録(無料)が必要です)。

ワンペーパ-ダウンロード

関連用語

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter