用語解説(動画配信編)

CDN

2013.10.25 Fri連載バックナンバー

 動画など容量の大きなコンテンツを、地理的に近い地点に設置されたサーバー(キャッシュサーバー)を利用して、効率よく配信するサービスのこと。容量の大きなコンテンツを、発信元サーバー(オリジンサーバー)から世界各国のキャッシュサーバーに予め配布しておくことで、利用者のアクセスを分散し、発信元サーバーの負荷を軽減させる仕組み。CDNは「Contents Delivery Network(コンテンツ配信ネットワーク)」の略。

上司<上司>

 我が社が配信している動画ファイルの容量が大きいようで、アクセスが集中すると動画がうまく再生されないようなんだ。容量の大きなコンテンツをスムーズに配信できる仕組みはないだろうか。


部下<部下>

 確かにそれは問題ですよね。ほかの会社がどのような手法を用いているのか調査してみます。

 

一般的なCDNのメリット

・ユーザーはキャッシュサーバーにアクセスするため、オリジンサーバーへの負荷が減り、サーバーダウンの危険性が格段に下がる
・利用者のアクセスを分散できるため、利用者はストレスなくコンテンツを利用できる
・全世界にキャッシュサーバーを配置することで、オリジンサーバーとの物理的な距離に依存しない、迅速かつ安定したコンテンツ配信を提供できる
・CDNは、一般に専門の事業者のサービスを利用することが多く、自前で構築する必要はない

一般的なCDNのデメリット

・自社のサーバーが正常でも、CDNが原因でサービス提供ができなくなることがある
・オリジンサーバーからキャッシュサーバーへの反映がリアルタイムに行われないことがある。その場合、一部のユーザーは古いコンテンツを見ることになってしまう。

 

 上記のようなデメリットが生じないよう、可用性の高いプラットフォームを提供する事業者があります。

→Akamai のクラウド配信基盤 | 世界最大の規模、最高の信頼性

 

 

もっと理解を深めるために~Bizコンパスの関連記事~

○ 知っておきたい!「私的違法ダウンロードの刑罰化」
○ ご存知ですか?ネット広告の種類~概要とWeb型広告~

ワンペーパーダウンロード

「動画配信」を1枚にまとめた資料をご用意しました。上司からとっさの説明を求められた場合などに、ぜひご活用ください(ダウンロードにはBizコンパスへの会員登録(無料)が必要です)。

ワンペーパ-ダウンロード

関連用語

動画配信
このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter