用語解説(動画配信編)

ストリーミング

2013.10.24 Thu連載バックナンバー

 インターネットを介して映像や音声などのデータを視聴する際に、データを受信しながら、同時に再生を行う方式。「プログレッシブダウンロード方式」と「ストリーミング方式」があるが、ライブ配信に対応できるのは「ストリーミング方式」。なお、「プログレッシブダウンロード」も含めてストリーミングと呼ばれることもあるので注意が必要。

上司<上司>

 我が社でも動画配信によるマーケティング活動を始めることになったのだが、動画配信の方法には、「プログレッシブダウンロード方式」と「ストリーミング方式」の2種類があるらしい。我が社にはどちらが適しているのだろう。


部下<部下>

 どちらの方式も、再生ボタンをクリックしてから、再生が始まるまでの待ち時間が比較的短く、しかも両方とも「ストリーミング」と呼ばれることがあって、ややこしいですね……。

 

ストリーミングのメリット

・オンデマンド配信、ライブ配信の両方に対応できる
・データを受信しながら再生するため、待機時間が少ない
・データをすべて保存しなくても視聴可能なため、視聴機器の負荷が少ない
・プログレッシブダウンロード方式と比べ、データの再配布や改ざんといった著作権侵害の心配が少ない

ストリーミングのデメリット

・データはユーザーのパソコンのハードディスクに保存されないため、再生のたびにサーバーからデータを配信することになる。
・専用サーバや専用ソフトウェア等を準備する必要があり、配信コストが高くなる。

もっと理解を深めるために~Bizコンパスの関連記事~

○ 知っておきたい!「私的違法ダウンロードの刑罰化」
○ ご存知ですか?ネット広告の種類~概要とWeb型広告~

ワンペーパーダウンロード

「動画配信」を1枚にまとめた資料をご用意しました。上司からとっさの説明を求められた場合などに、ぜひご活用ください(ダウンロードにはBizコンパスへの会員登録(無料)が必要です)。

ダウンロード

関連用語