用語解説(ビッグデータ編)

Do Not Track

2013.08.31 Sat連載バックナンバー

 トラッキング拒否 (DNT/Do-not-track) 機能とは、自分の閲覧行動のトラッキング(追跡)を希望しないことを Web サイトに通知する仕組みのこと。この機能を使用すると、送付される閲覧データの先頭にDNTの意思を示すコードが付与される。Webサイト運営者/Web広告事業者が対応することが期待されている。

上司<上司>

 ネットを見ていると、どのサイトに行っても同じ広告が出る。個人情報が漏洩しているのかどうか心配だ。同じ心配をしている顧客もいると思う。どういうことなのか調査してくれないか?


部下<部下>

 確かに行動を監視されているようで、脅えてしまうユーザーもいるかもしれません。ユーザーに安心して利用してもらう施策がないか調査してみます。
(今出稿しているターゲティング広告はどうなっているんだろう……)

Do Not Track のメリット

・(ユーザー側)自分の意思を主張することで、企業にその意思を考慮した宣伝手法をとってもらえる可能性がある
・(企業側)ユーザーの過度な不安を取り除き、安心して購買活動を続けてもらえる

Do Not Track のデメリット

・DNT機能を使用しても閲覧情報自体が送信されなくなるわけではないので、過度な期待はできない

もっと理解を深めるために~Bizコンパスの関連記事~

○ 情報は宝の山!?ビッグデータ時代が始まっている!
○ ここまで来た!話題のソーシャルリスニング最前線

ワンペーパーダウンロード

「ビッグデータ」を1枚にまとめた資料をご用意しました。上司からとっさの説明を求められた場合などに、ぜひご活用ください(ダウンロードにはBizコンパスへの会員登録(無料)が必要です)。

ダウンロード

関連用語