用語解説(ビッグデータ編)

データサイエンティスト

2013.08.28 Wed連載バックナンバー

 さまざまなデータの分析手法に詳しく、それに必要なツールの操作方法に精通しており、ビッグデータからビジネスに活用できる価値ある情報を引き出して予測モデルを提案できる人。

上司<上司>

 今ビッグデータが注目されているようだが、それほど大量のデータがあっても、そのデータをどう分析してどうビジネスに活用できるのかが今ひとつピンと来ない……。こういうデータを専門に取り扱うコンサルタントのような人はいないのか?


部下<部下>

 えっと…、以前はデータアナリストに相談していましたが…(でも、データ自体はそれほど大きくなかったよな。大きなデータでも分析してくれるかな?)。改めてビッグデータを専門に取り扱える人がいないか調べてみます。

 

データサイエンティストのメリット

・自社のビッグデータから価値ある情報を引き出せる
・価値ある情報から予測モデルを構築できる
・予測モデルを自社ビジネスの新規開発・改善に活用できる

データサイエンティストのデメリット

・統計学、システム知識、ビジネススキルなど多岐にわたる知識が必要なため、育成が追いつかない

もっと理解を深めるために~Bizコンパスの関連記事~

○ 情報は宝の山!?ビッグデータ時代が始まっている!
○ ここまで来た!話題のソーシャルリスニング最前線

ワンペーパーダウンロード

「ビッグデータ」を1枚にまとめた資料をご用意しました。上司からとっさの説明を求められた場合などに、ぜひご活用ください(ダウンロードにはBizコンパスへの会員登録(無料)が必要です)。

ワンペーパ-ダウンロード

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter