用語解説(O2O編)

オンラインクーポン

2013.08.24 Sat連載バックナンバー

 割引券などの「クーポン」をインターネット経由で提供するもの。メールで送られてくるものと、ホームページ上に掲載されているものがある。

上司<上司>

 これまで、クーポンを利用する際には事前にパソコンで店舗の場所を調べた上、印刷して持参する必要があったが、スマートフォンの登場と普及によって状況が変化しているそうだ。スマートフォンであれば、クーポンを提供する店舗の無料アプリを利用することで、最も近いクーポン発行店舗を探すことができ、かつクーポンを印刷する必要もなく、今までよりクーポンのメリットを受けやすくなっているみたいなんだ。オンラインクーポンの活用方法について調べてくれないか。


部下<部下>

 アメリカの調査会社Nielsen社の調査によると、スマートフォン利用者のうち、スマートフォンを使って他店との価格比較を行った経験がある人の割合は89%にもなるそうです。オンラインクーポンの重要性はますます大きくなると考えられますので、調査してみたいと思います。

 

オンラインクーポンのメリット

・紙のクーポンと異なり、印刷費が不要
・会員証と共用することで、相乗効果が期待できる
・客にとっては、クーポンや会員証を持ち歩く必要がない
・新規あるいはリピート客の店舗集客促進効果が期待できる
・クーポン券の有効期限を指定することで、有効期限が切れる前に来店するよう促したり、来店頻度を上げたりすることが可能

オンラインクーポンのデメリット

・街頭で配ることができないため、地域を限定しにくい
・新規の顧客を獲得するためにクーポンを乱発してしまうと、リピートの顧客や常連に不満や不快感を与える可能性がある
・クーポンの有効期限設定は、顧客の来店促進に繋がるメリットもあるが、有効期限が過ぎてしまった場合、他の競合店に顧客を取られてしまう可能性がある

もっと理解を深めるために~Bizコンパスの関連記事~

○ 若者をカラオケに呼び込め!スマホ集客で会員増達成
○ ネットとリアルを結び付ける「O2O」とは!?

ワンペーパーダウンロード

「O2O」を1枚にまとめた資料をご用意しました。上司からとっさの説明を求められた場合などに、ぜひご活用ください(ダウンロードにはBizコンパスへの会員登録(無料)が必要です)。

ワンペーパ-ダウンロード

関連用語

O2O
このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter