用語解説(M2M(Machine to Machine)編)

NFC

2013.08.17 Sat連載バックナンバー

十数cmの至近距離でデータ通信を行なう近距離無線通信の国際標準の一つ。
非接触ICカードの通信および機器間相互通信を可能とし、機器を近づけることで通信を行うため、「かざす」動作を媒介にした、わかりやすい通信手段として注目されている。

上司<上司>

 スマートフォンの爆発的な普及によって、「NFC(近距離無線通信)」を活用した世界共通の新しいサービスやマーケティング手法が次々に考案されているようだ。弊社としてもこのビジネス機会を逃したくない。NFCに関する情報をあつめてもらえないだろうか。


部下<部下>

 駅改札で使われている「Suica」や「Pasmo」、あるいはコンビニなどで使える「おさいふ携帯」などのことですね。
 了解しました、他にどんなサービスやマーケティング手法があるのか調べてみたいと思います。

 

NFCのメリット

・年齢、性別、人種など各々の消費行動を把握することが可能となる
・消費行動を把握することにより、生産、広告などをより効率的に行うことができ、無駄を省くことが可能となる

NFCのデメリット

・NFC(近距離無線通信)技術を活用したモバイル支払いシステムの場合、導入する企業(店舗)側がシステムに新規投資しなければならない
・スキミングなど他人に不正使用されるリスクがある

もっと理解を深めるために~Bizコンパスの関連記事~

○ 機器間無線通信を支えるモバイルサービス
○ マシン同士が通信する? M2Mって一体何!?

ワンペーパーダウンロード

「M2M(Machine to Machine)」を1枚にまとめた資料をご用意しました。上司からとっさの説明を求められた場合などに、ぜひご活用ください(ダウンロードにはBizコンパスへの会員登録(無料)が必要です)。

ワンペーパ-ダウンロード

関連用語

M2M(Machine to Machine)
このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter