用語解説

BYOD

2013.07.31 Wed連載バックナンバー

従業員がノートパソコンやスマートフォン、タブレットなど個人で所有する情報端末を、企業内に持ち込んだり、外部から社内ネットワークにアクセスし、必要な情報を閲覧したり入力したりすることを意味する。

上司<上司>

 最近、社内でスタッフが個人のスマートフォンやタブレット端末を持ち歩いて利用している様子をよく見かけるが、情報漏えいの危険性があるのではないか?君が主導で対策を考えてくれるかな?


部下<部下>

承知いたしました!(困ったぞ…対策といってもどんな対策がとれるのか皆目見当もつかない…)

 

BYODのメリット

・端末コストの削減
・好きな端末を選択できることによる生産性の向上
・端末の設定・サポートの手間の軽減
・遠隔からの業務遂行による業務効率の向上
・非常時にも事業を継続できる事業継続性の向上

BYODのデメリット

・端末の損失や盗難による情報漏洩の危険性
・管理やセキュリティ担保のためのコスト増加
・多種多様な端末への対応のための手間の増加
・勤務時間の長時間化・不規則化の懸念

もっと理解を深めるために~Bizコンパスの関連記事~

○ 「スマホでなければBYODできないんでしょう?」
○ 働き方を変えよう!社内を巻き込んだ活動の実践

ワンペーパーダウンロード

「」を1枚にまとめた資料をご用意しました。上司からとっさの説明を求められた場合などに、ぜひご活用ください(ダウンロードにはBizコンパスへの会員登録(無料)が必要です)。

ダウンロード