用語解説

I/O負荷

2017.11.30 Thu連載バックナンバー

 データの入力/出力により発生する負荷のこと。頻繁に入出力が繰り返されることで、I/O負荷が高くなり、不具合が起きる可能性が高くなる。「I/O」は「Input/Output」の略。

 用例としては、たとえばハードディスクにおいて、データの入出力が頻繁に行われている場合は「ハードディスクのI/O負荷が高い」、ネットワークのトラフィック量が多くなっている場合は「ネットワークのI/O負荷が高い」と呼ぶ。単純に「負荷が高い」とも表現される。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter