用語解説

P2P

2014.12.26 Fri連載バックナンバー

ネットワーク上で対等な関係にある端末間を直接接続し、データを送受信すること。
一般的に用いられるクライアントサーバー方式は、 データを保持し提供するサーバーとそれに対してデータを要求するクライアントという2つの立場が固定されているのに対し、 P2Pは各ピアがデータを保持し、 他のピアに対して対等にデータの提供および要求・ アクセスを行う自律分散型のネットワークモデルで、 サーバーやクライアントのそれぞれの立場に固定されることがない。
P2P方式のシステムには様々な種類があるが、単にP2Pと言った場合はファイル共有ソフトのことを指す場合が多い。
peer-to-peerの略。