用語解説

EOS

2014.12.26 Fri連載バックナンバー

小売業者と卸業者間のオンライン受発注システムのことで、発注から受注までのデータ処理(出荷指示・納品伝票処理など)を実行する。
従来の帳票でのやり取りに比べ、発注から納品までに必要な時間の削減や多頻度納品などを低コストで行える。さらに、POSシステムと連携することによって、単品ごとの売上データと在庫データをリンクさせ、より的確な発注判断や在庫管理を可能である。
Electronic Ordering System の略。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter