用語解説

クライアント仮想化

2014.12.26 Fri連載バックナンバー

1台のサーバーで複数のクライアントPCのCPU、ハードディスク、メモリなどのハードウェアとソフトウェアをユーザごとに仮想マシンとして提供する仕組み。
アプリケーションやデータはサーバーで一元的に集中管理できるため、いつでもどこからでもネットワーク経由でデスクトップ環境を利用でき、情報漏洩やウィルス感染のリスクも軽減も可能となる。
「デスクトップ仮想化」と同義語。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter