用語解説

WiMAX

2014.01.24 Fri連載バックナンバー

 正式名称は「IEEE802.16a」。無線通信の標準規格で最大70メガbpsの通信に対応する。1台のアンテナで半径約50kmをカバー することが出来、見通しがきかない範囲にある端末と通信することも想定した仕様になっている。高層ビルが並ぶ都市部での高速なモバイル通信や、人口密度が 低い地域でのブロードバンド接続サービスなどの用途が期待されている。

 

■ 関連用語
 ・ブロードバンド
 ・モバイル通信

 

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter