用語解説

ADSL Annex A(Annex B、Annex C)

2014.01.24 Fri連載バックナンバー

 ADSLの付帯規格で、Annex Aは北米向け、Annex Bはヨーロッパ向け、Annex Cは日本向けの仕様である。このうち国内で使われているのは、Annex AとAnnex Cである。Annex Aは通信速度を出しやすいメリットがあるが、国内のISDN回線と重複する周波数帯域を多く用いるため、ISDN回線と干渉を起こして通信速度が低下する可能性がある。一方、Annex CにはISDN回線と干渉しないよう工夫がされており、比較的安定した通信が可能である。

 

■ 関連用語
 ・ADSL
   ・ISDN

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter