用語解説

パケット盗聴

2014.01.24 Fri連載バックナンバー

 インターネットやLANなどのネットワークを流れるパケットには、ファイルやメールなどのデータのほかに、サーバに接続したりWebサイトにログインしたりするために利用するパスワードなども含まれている。パケットは、送信元と目的地の経路上のいずれかの場所で盗聴されてしまう危険性がある。特にLAN接続されているコンピュータ上に盗聴プログラムが仕掛けられると、他のコンピュータ宛のパケットであっても解析される危険性がある。
 このような自分宛ではないパケットを盗み見る行為のことをスニファリング(パケット盗聴)という。スニファリングでは、主に、パケットに含まれているユーザIDやパスワードなどの認証情報を盗むことを目的としている。

 

■ 関連用語
 ・サーバ
 ・スニファリング
 ・パケット
 ・LAN
 ・Webサイト

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter