用語解説

高速回線

2014.01.24 Fri連載バックナンバー

 ADSLや光ファイバー(FTTH)など、一度に送れるデータ量が大きい通信回線のこと。ブロードバンドとも呼ばれており、それに対してISDNやアナログ回線など、一度に送れるデータ量が小さい通信回線はナローバンドと呼ばれている。大きなデータを扱えることから、映像や音楽などの大容量コンテンツをメインとしたさまざまなサービスが想定されている。

 

■ 関連用語
 ・コンテンツ
 ・ブロードバンド
 ・ADSL
 ・FTTH
 ・ISDN

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter