用語解説

仮想メモリ

2014.01.24 Fri連載バックナンバー

 物理的にメインメモリが不足した場合に、ハードディスクドライブなどを仮のメモリとして使用する機能のこと。仮想メモリ機能があることで、メモリが不足した場合でもすぐにシステム的に不都合が起きることはない。しかしハードディスクドライブはメモリに比べて動作速度が遅く、パソコンの搭載メモリが少ないと、メモリ内容を待避する回数が増加し、処理が大幅に遅くなる現象が起こる。

 

■ 関連用語
 ・ハードディスク 
 ・パソコン 
 ・メモリ

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter