用語解説(WEBサイト編)

アクセス解析

2013.10.21 Mon連載バックナンバー

 自社のWEBサイトの閲覧状況に関して行う分析。主な解析対象として、曜日や時間帯でどのようなページがよく見られるのか、どこからアクセスしているかなどがある。

上司<上司>

 我が社のWEBサイトを閲覧するユーザーにはどのような傾向があるのだろうか。それが分かれば今後のサイトの改善に役立てられるのだが…。


部下<部下>

 では、我が社のWEBサイトのアクセス解析を依頼してみます。何かサイト改善のヒントが得られるかもしれません!

 

アクセス解析のメリット

・閲覧状況の傾向を分析することで、より魅力的なWEBサイトに改善するヒントが得られる
・WEBサイト運営のPDCAサイクルをより正確に回すことができる

アクセス解析のデメリット

・アクセス解析結果を具体的なWEBサイトの改善内容に結びつけるには知識と経験が必要
・サイト閲覧者に関する性別・年齢・年収といったプロフィールまでは通常取得できない(別のデータとの突き合わせによって推定する方法はある)

もっと理解を深めるために~Bizコンパスの関連記事~

○ オウンドメディアとは何!?その重要性を理解する
○ インバウンド・マーケティング入門(理論編)
○ ご存知ですか?ネット広告の種類~概要とWeb型広告~

ワンペーパーダウンロード

「WEBサイト」を1枚にまとめた資料をご用意しました。上司からとっさの説明を求められた場合などに、ぜひご活用ください(ダウンロードにはBizコンパスへの会員登録(無料)が必要です)。

ダウンロード

関連用語