Bizコンパス

ものづくり探訪
2019.11.01

エンケイのアルミホイール工場をウサギが走り回る理由とは

アルミホイール(エンケイ株式会社)

 静岡県浜松市に本拠を構えるエンケイ株式会社は、自動車やオートバイのアルミホイールを製造・販売する企業だ。同社のホイールはF1、スーパーGT、ダカール・ラリーなどのカーレースにも使われており、世界でトップクラスのシェアを占めている。

 同社の基幹工場である豊岡工場は、浜松から天竜川を挟んだ対岸の磐田市にある。同工場は、一瞬公園かと見間違えるような緑あふれるつくりになっており、その中をウサギが自由に走り回り、果物や野菜の栽培も行われている。

 なぜエンケイはこのような緑いっぱいの工場を作ったのか。その秘密を探るべく豊岡工場を訪れた。

 

本田宗一郎との出会いが変えたもの

 エンケイは、浜松の小さな店からはじまった。

 創業者の鈴木健次は、第二次世界大戦中に飛行機メーカーで鋳物技師を務めた経歴を活かし、終戦後は浜松で湯たんぽなどの生活用品を製造、販売していた。その湯たんぽに目をつけたのがホンダ(本田技研工業)の創業者・本田宗一郎だった。

 当時、本田は浜松でバイクの生産を計画しており、燃料タンクとして鈴木の湯たんぽに目をつけた。商談自体は実現しなかったが、このことが縁となり、エンケイはホンダのバイクのシリンダーを受注、事業を自動車・二輪車業界に注力していくようになる。

 2度目の転機が訪れたのは、1960年代中頃のことだ。アメリカの企業から「アルミの鋳造技術を使って自動車用のホイールを作れないか」という依頼を受け、日本で初めてアルミホイールの開発に成功した。1967年には生産を開始し、アメリカへの輸出を行っている。

 この経験を活かして、1970年には国内アフターマーケット用(カー用品店向け)のアルミホイールの生産を開始。武骨なスチール製のホイールが主流だった日本市場に、装飾性が高く、安全性に優れたエンケイのアルミホイールの登場は、大きなインパクトを与えた。既成の自動車を、ユーザーが自分好みに合わせてカスタムする「オートパーツ文化」は、ちょうどこのあたりから花開いていった。

 さらに1972年には、国内自動車メーカーのOEM供給を開始。エンケイのアルミホイール事業は一気に拡大し、現在は、アフターマーケット用製品とOEM供給という、世界でも珍しい二刀流で事業を展開している。

 

モータースポーツのノウハウが詰まったホイール

 1970年代からは、モータースポーツへのホイール供給にも力を入れるようになった。

 1974年、エンケイはオーストラリアで開催されているカーレース「サザンクロスラリー」へホイール供給を開始。1983年には、欧州F2のミナルディにも供給し、1986年には日本メーカーとしては初となるF1グランプリでのホイール供給を実現している。

 一聴するとトントン拍子で進んだようにも聞こえるが、華々しい世界の裏側で、苦労もあったという。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

エンケイ株式会社について
■ 事業内容 アルミ鋳造技術を利用した製造販売、各種金型・機械等の製造販売、アルミニウム原材料の製造、アルミホイール・アクセサリー・自動車部品の販売、アルミホイールの輸入業務、各種物販等
■ 設立年月 昭和25(1950)年10月5日
■ 本社所在地 静岡県浜松市中区板屋町111-2 アクトタワー26F
■ 従業員数 8,810名(国内1,429名・海外7,381名)   ※ 2019年現在
■ ホームページ

http://www.enkei.co.jp/

ものづくり探訪 その他の記事

内臓脂肪を減らす生活習慣ヨーグルトは、生産工場もスマートだった

恵 megumi ガセリ菌SP株ヨーグルト ドリンクタイプ(雪印メグミルク株式会社 海老名工場)

コーセーの新工場に見る、日本の化粧品が世界で人気の理由

雪肌精(コーセーインダストリーズ株式会社 群馬工場)

「明治ミルクチョコレート」伝統の味と生産性の両立

明治ミルクチョコレート(株式会社 明治 坂戸工場)

「チョコボール」は発売50年を越えてもなお進化し続けていた

チョコボール(森永製菓株式会社 小山工場)

日本発!モスバーガーが農業の変革に挑む真の狙いとは

モスバーガー(株式会社モスファーム・サングレイス)

“工場でつくる家”を極めるセキスイハイムの美学

セキスイハイム(東京セキスイハイム工業株式会社 蓮田工場)

「パン工房」の安全性を高める、工場の“SUS化”とは

パン工房(キユーピー株式会社 中河原工場)

閲覧ランキング

エンケイのアルミホイール工場をウサギが走り回る理由とは

1

エンケイのアルミホイール工場をウサギが走り回る理由とは

アルミホイール(エンケイ株式会社)

「チョコボール」は発売50年を越えてもなお進化し続けていた

2

「チョコボール」は発売50年を越えてもなお進化し続けていた

チョコボール(森永製菓株式会社 小山工場)

コーセーの新工場に見る、日本の化粧品が世界で人気の理由

3

コーセーの新工場に見る、日本の化粧品が世界で人気の理由

雪肌精(コーセーインダストリーズ株式会社 群馬工場)

「ガリガリ君」を作る目的意識と“あそび心”

4

「ガリガリ君」を作る目的意識と“あそび心”

ガリガリ君(赤城乳業株式会社 本庄千本さくら『5S』工場)

穀物取扱量日本一の昭和産業に課せられた使命とは

5

穀物取扱量日本一の昭和産業に課せられた使命とは

昭和産業株式会社 鹿島工場

SHARE

関連記事

閲覧ランキング

エンケイのアルミホイール工場をウサギが走り回る理由とは

1

エンケイのアルミホイール工場をウサギが走り回る理由とは

アルミホイール(エンケイ株式会社)

「チョコボール」は発売50年を越えてもなお進化し続けていた

2

「チョコボール」は発売50年を越えてもなお進化し続けていた

チョコボール(森永製菓株式会社 小山工場)

コーセーの新工場に見る、日本の化粧品が世界で人気の理由

3

コーセーの新工場に見る、日本の化粧品が世界で人気の理由

雪肌精(コーセーインダストリーズ株式会社 群馬工場)

「ガリガリ君」を作る目的意識と“あそび心”

4

「ガリガリ君」を作る目的意識と“あそび心”

ガリガリ君(赤城乳業株式会社 本庄千本さくら『5S』工場)

穀物取扱量日本一の昭和産業に課せられた使命とは

5

穀物取扱量日本一の昭和産業に課せられた使命とは

昭和産業株式会社 鹿島工場