Bizコンパス

海外特派員リポート
2016.07.26

バージニアでこの一年の苦労話

バージニア ~Virginia~

 アメリカ・バージニア在住のリョウです。最近は夏に向け気候が変化してきています。夏の天気で日本と違う点は、雷を伴うスコールが頻繁に発生することです。当たり前のようにゴロゴロ鳴っています。湿気の少ないバージニアですが、日本と同じぐらいの湿気があれば間違いなく雨が降ると分かります。移動手段は主に車のアメリカですが、観光などの場合は折りたたみ傘の用意をお勧めしたいと思います。

 バージニアに来て1年が経ちました。今回は、この一年の苦労話についてレポートします。

 

車(レンタカー)の問題について

 バージニアから、アメリカ国内を横断して旅行する場合、移動はレンタカーになります。レンタカーを借りるときに注意点がいくつかありますのでご紹介します。

・レンタカー代金が意外と高い

 WEB上の旅行サイトからレンタカーを予約しようとすると、一日のレンタル料金が安く表示されると思います。ここで注意しなければいけないのは、保険代が入っていない場合が多いことです。保険代は高額でレンタカー代金の倍近くかかる場合があります。そのため現地で車を受け取るときに予想外の出費に驚くことがあるかもしれません。また、あるサイトは保険代が明記されていたにもかかわらず、現地ではサイトの表記とは別額を提示されることがありました。ご注意ください。

・カーナビはついていないことが多い

 ある車を借りたときの話です。運転席によくあるディスプレイは備え付けられていたのですが、カーナビゲーション機能がついていないことがありました。レンタカーを借りる時は不慣れな土地を運転するケースが多く、広いアメリカの土地でナビがないと遭難してしまいます。

 私は現地の携帯からナビアプリを利用しました。また長時間運転ができるように、2回目以降は携帯用バッテリーチャージャーと、携帯を設置する場所をつくる装置を常備するようにしました。旅行でアメリカにきて長距離運転が必要な場合、ポケットWifiの電池が切れてしまうことがありますので、電波環境も合わせて注意をしたほうがよいと思います。もしくは素直に飛行機を使ったほうがいいでしょう。

・パンク時の対処法… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE