Bizコンパス

海外特派員リポート
2016.03.05

バージニアのルール・作法

バージニア ~Virginia~

 アメリカ・バージニア州ハーンドン在住のリョウです。

 こちらでは1月末に冬の嵐(Jonas)が発生し、記録的な大雪のためワシントンDCでは非常事態宣言が発令されました。雪が80cmほど積もり、嵐の間は外出することができませんでした。バージニアでは25cm程度の積雪が一般的らしいので、駐在中にこんな体験を出来て運がいいやら悪いやら。3月は日中に春を感じる日もこれから出てくるようです。

 今回は、バージニアのルール・作法についてレポートします。

 

雪かきについて

 日本の雪国でも同じですが、雪が降った場合は除雪車がきてくれます。ただし、主要な道路から除雪をするため、わき道に入った家だと除雪が後回しにされます。私の住んでいるところは大通りに面しているため、嵐の去った翌日には車が出せる状態となりましたが、3日たっても車が出せない人がいました。また、自分の車の周辺は自分で処理しなければならないため、シャベルが必須です。そのため、嵐の前にはどこのお店もスコップが売り切れ状態となりました。雪かきの印象的なエピソードとして、嵐の真っ只中で雪かきをしていたとき、近所の人が雪かきを手伝おうかといってくれました。また、嵐の去った後に近所の人が各々雪かきをしているときに見た光景では、お互い声を掛け合うなど、共助意識の高い文化を感じました。

 

ごみ処理について… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE