Bizコンパス

海外特派員リポート
2013.06.29

シドニーの教育事情

シドニー ~Sydney~

シドニーの教育事情 オーストラリア・シドニーに在住のマッシュです。季節はすっかり冬めき、色づいた木々の葉もほとんど散ってしまい、至る所でいよいよ本格的に冬支度が始まりました。そんなシドニーでは、毎年5月から6月にかけて開催されるVividというイベントが開催されました。毎晩オペラハウスやハーバーブリッジがカラフルにライトアップされ、多くの見物客を魅了しました。
 今回は、オーストラリア・シドニーの教育事情について、レポートします。

 

オーストラリアの学期

 オーストラリアの学校は、新学期が1月下旬から2月初旬にスタートします。大きく2つの学期に分かれており、さらに1学期が2タームずつに分かれるため、10週ほどのタームが年間4タームで構成されているのが一般的です。1~3タームは次のタームまで約2週間の休みがあり、学期末は12月です。12月は2週目で学期が修了し、クリスマスや新年を含む約6週間の夏休みを過ごし、休み明けの1月下旬~2月初旬に進級することとなります。

 

オーストラリアの教育制度-初等・中等教育

 オーストラリアの初等・中等教育は日本と同様に12年制ですが、日本の6・3・3制とは異なり、プレップイヤー(小学校準備)の後、Year1(1年生)からYear12(12年生)までの学年制となっています。初等教育は、通常Year1からYear6までで「プライマリー」と呼ばれており、中等教育はYear7からYear10までの「ジュニアセカンダリー」とYear11からYear12の「シニアセカンダリー」に分かれています。
 義務教育は、オーストラリアでは学年ではなく年齢で定められており、15歳で義務教育を修了します。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE