Bizコンパス

海外特派員リポート
2017.07.09

シドニーのこの一年の苦労話

シドニー ~Sydney~

 シドニー在住のToshiです。シドニーも冬に入り肌寒い日が続いています。日本に比べれば日中は暖かいものの、朝晩はコートが欠かせません。最近シドニーはビビッドシドニーというイベントで盛り上がっていました。何色もの光が有名なオペラハウスやダーリングハーバーをきらびやかに飾り、見る人を魅了していました。

 さて、今回はこの国で生活する中で苦労したことについてレポートします。

 

1.コミュニケーション

 英語が公用語の国なので、飲食店や公共の施設などどこに行ってもほぼ100%通じます。そのためある程度英語がわかれば、生活をしていくことはそんなに難しくはないと思います。ただ、シドニーは出身について様々なバックグラウンドを持つ人が多いこともあり、当たり前ではあるのですが、ニュースで聞いているような発音・アクセントばかりで話しかけられるわけではないため、何度聞いてもわからないことがありました。

 逆もしかりで、自分の話す内容が伝わらないこともあります。私は「シドニー」という単語を聞き取ってもらえなかったことがあり、その時に発音の重要性を痛感しました。

 

2.食事

 シドニーにはフードコートがいたるところにあり、そこで各国の料理が安価で食べられます。私は主にそういった場所をランチで利用していました。

 こちらでの滞在中、そんなに日本食を食べたくなることはなかったのですが、たまに納豆ごはんが無性に食べたくなることがありました。こんな時に強い味方になってくれるのが… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE