2015.12.07 Mon

連載バックナンバー

 シンガポール在住のポールです。
 シンガポールでの2泊3日の観光事情についてレポートします。

 

【旅の前に】

 シンガポールは赤道直下の国で、年間を通して蒸し暑い日が続きます。そんな暑い国ですが、建物や乗り物の中はとても冷房が効いているため、羽織を常に持ち歩くことをお勧めします。

 さらに、東南アジア特有のスコールに備え、折りたたみ傘も忘れないようにしてください。また、湿度が高いため天然パーマが気になる方は万全な準備と対策が必要です!

 

【1日目】

 はやる気持ちを抑え、まずは旅の最低限の準備をしましょう! 最初はシンガポールドルへの両替です。チャンギ国際空港の到着口に24時間の両替窓口がありますが、街にはレートのよい両替窓口があります。一般的にレートがよいとされている場所は、「オーチャードロードのラッキープラザ」「リトルインディアのムスタファセンター」「チャイナタウンのピープルズパーク1階」です。しかし、街中あらゆる場所に両替窓口が存在するため、旅行程度であれば近場の両替を利用する方がよいでしょう。

 続いて、交通手段です。シンガポールでは主に3つの交通手段があります。電車(MRT)は主要な観光名所にも接続されており、安価で便利です。(参考:1駅=約1.4ドル、10駅=約2.1ドル)

 また、タクシーも日本と比べ非常に安くて便利です。(参考:初乗り=約3ドル)しかし、中国語しか通じないドライバーもいるため、地図を見せて説明しましょう。日本と同様に路線バスも走っていますが、ルートや支払い方法など少し難易度は高く、空港から滞在先ホテルへはタクシーがお勧めです。

 さあ、両替も済み交通手段も決まったところでシンガポール旅行の始まりです!

 早速シンガポールのシンボル、マーライオンを拝みにいきましょう!シンガポールには5体のマーライオンがいます。ぜひ時間があれば、5体すべて探してみてください。願い事がかなうかもしれません。

 最も有名なマーライオンは「マーライオンパーク」にあります。昼も夜もきれいですが、特に夜がお勧めです。ライトアップされたリゾートホテル「マリーナベイサンズ」とマーライオンを同時に拝むことができます。これぞシンガポール旅行の醍醐味です。

 コーヒーで一服したくなった場合も、マーライオンパークに来てください。世界の独創的なローカル「スターバックス」20選に取り上げられている店舗があります。うっとりするような外観とおいしいコーヒーを楽しんでみてはいかがでしょうか。ストレスがすべて吹き飛ぶことでしょう!

 

【2日目】

 朝食は、シンガポールの伝統的朝食であるカヤトーストで決まりです。カヤトーストとは、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。