Bizコンパス

海外特派員リポート
2015.06.26

シンガポールのお酒事情

シンガポール ~Singapore~

 シンガポール在住のにんじんです。雨季を通り過ぎたシンガポールでは、日に日に暑さが強まってきており本気の暑さにやられ気味です。

 今回は、お酒事情についてレポートします。

 

ビールの飲み方、おすすめのビール

 シンガポールでお酒といえばそう!タイガービールですよね。

 こちらにいらした際には是非ホーカーセンター(屋台村)で「タイガービール」をオーダーしてみて下さい。お店の人が当然の流れとして、ビールをオンザロックで提供してくれることでしょう。

 驚くことなかれ、シンガポールのホーカーではこれが標準的なビールの飲み方なのです。これは常夏のアジアでより冷たいビールを飲むための方法(ビール自体が冷やされていない事もあるので)ですので、お店の方を責めず、異国情緒を楽しむ大きな器でもって豪快に飲み干して下さい。

 レストランやバーなど、ホーカー以外の飲食店ではきちんと冷やされたビールが提供されますのでご心配なく。氷で薄められたビールなど容認できようか! という方はそちらをお勧めします。ただし、サービスチャージと税金が上乗せされお値段はホーカーに比べて張りますので、お財布と要相談です。

 タイガービールはもう飽きたよという方には、日本でも最近人気の“クラフトビール”(小規模な醸造所で造られている品質重視のビール)がお勧めです。実はシンガポールには醸造所併設のおしゃれなレストランやバーが複数あり、作りたての美味しいクラフトビールを楽しむ事が出来ます。

 筆者は先日「Level33」というレストランに行きましたが、高層階からリゾートホテル「マリーナベイサンズ」を優雅に眺めながらおいしいビールを飲めるのでお勧めです。

 ビールというよりはワインの気分だなぁという方には、「Wine Connection」というお店が気軽に飲めると評判です。

 

お酒の購入について… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE