2016.12.16 Fri

連載バックナンバー

 ブラジル・サンパウロ在住のカリオカです。サンパウロはサマータイム期間に突入し、徐々に日中の暑さが厳しくなってきました。

 今回は、生活のはじめ方についてレポートします。

 

住宅の選び方

  サンパウロには日系の仲介業者がいくつかあり、日本語対応を受けながら住宅選びをすることができます。セキュリティ面を重視した、海外駐在員向けの住居を多数紹介頂けるので、初めての海外生活であっても、安心して住居選びをすることができます。治安の問題がたびたび指摘される国ですが、入口が守衛によって24時間管理されたアパートを選べば安心です。

 

インフラまわりの注意点

 水道、ガスは比較的安定しており、シャワーのお湯が出ないという事態は滅多にありません。ただ、電力は安定していない地域もあり、時折停電が起きます。夏季は夕立や落雷が多いため、天候の影響を受けることもあるようです。

 

お金まわりの注意点

 ブラジルで預金口座を作る場合は、ビザのほかにRNEという登録番号が必要となります。RNEはブラジルに住む外国人が必ず登録するものですが、発行には数ヶ月を要することがほとんどです。発行の手続きとして、Policia Federalを訪問する方法が一般的です。基本的にポルトガル語での対応をされますので、発行手続きについて日系のエージェントに仲介を依頼することもできます。

 預金口座を開設すると、キャッシュカードを受け取れます。デビットカード機能を併用したカードが一般的です。通帳が発行されない代わりに、インターネットバンキングが普及しており、スマートフォンアプリには指紋認証やバーコードを読込での支払等、最新の技術が採用されています。また、ATMは広く普及しており、銀行内の他に多くのショッピングセンターにも設置されています。口座開設までには多くの手間が必要ですが、開設後に不便を感じることは少ないです。

 

移動手段

 サンパウロの移動手段としては車が中心です。バスや地下鉄もありますが、時間は正確とは呼べません。タクシーも多く走っています。タクシー利用者のためのスマートフォンアプリは日本よりも普及しています。ただ、タクシーや自家用車での移動であっても、治安が悪いエリアでは、車から降りたところを狙った強盗の報告もありますので、常に細心の注意が必要です。

 

コミュニケーション

 サンパウロで英語が通じる場所は、空港や一部のホテルに限られます。一般的なレストランやスーパーマーケットでは、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。