NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

海外特派員リポート
2014.01.15

サンパウロの医療事情

サンパウロ ~Saopaulo~

 Boa targe(こんにちは)、サンパウロ在住のPaulistaです。

 日本は非常に冷え込んでいると聞いていますが、サンパウロはサングラスが欠かせない夏本番です。休日はもっぱらビーチに繰り出すブラジル人は、大人子供関係なく賑やかで元気です。しかし、そんな元気なブラジル人も日本人同様病気やケガには悩まされています。

 今回はサンパウロの医療事情についてレポートします。

 

ブラジルの病院

 ブラジルは日本の国土約23個分の広さを誇る国なので、気候も違えば、都市によっての発展度合いも大きく違うことから、感染症の流行や医療水準も地域によって大きく異なります。ですので、ここでは、一般的なブラジルの病院について記載をしたいと思います。

(1)公立病院
 ブラジルには病院の種類としてふたつあり、ひとつが公立病院、もうひとつが私立(民間)病院です。公立病院の医療費は外国人も無料ですが、無料であることからその分患者が多いため待ち時間がとても長いです。さらに、予算不足もあってか設備や衛生面で満足な医療を受けるのは困難ですので、日本人はそれほど頻繁に利用しません。あまりの待ち時間の長さに、待っている最中に亡くなってしまう方が出たり、朝から並んで結局診察が受けられなかったりということもあるようです……。

(2)私立(民間)病院
 私立病院についてですが、基本予約制なので待ち時間はなく、かかりつけの医師をつけることができ、高度で最新の医療技術や設備が揃っているので安心できます。ただし、… 続きを読む

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE