Bizコンパス

海外特派員リポート
2012.10.31

サンノゼ駐在員の住宅事情

サンノゼ ~Sanjose~

 アメリカ・サンノゼ在住のシス子です。
 今回は、ベイエリアにおける日系企業の駐在員の住宅事情を中心にレポートします。

 

現地の治安状況

 サンノゼはアメリカの大都市の中で最も安全な都市と言われています。しかし、夜間に1人で出歩かない、East Palo Alto、East San Jose等の治安が悪いといわれているエリアには立ち入らないなどの注意は必要です。

 

日系駐在員が多く住む街

サンノゼ サンフランシスコ湾を中心としたサンフランシスコ~シリコンバレー一体はベイエリア(Bay Area)と呼ばれ、ハイテク企業が集まっており、日系駐在員も多く滞在しています。日本人が多く生活しているのは、San Jose、Sunnyvale、Mountain View、Santa Claraです。Cupertinoは周辺のSun Jose、Sunnyvale、Mountain View、Santa Claraに比べて家賃が高めですが、街並みが美しく、日本食レストランやスーパーもあり、非常に生活しやすい地域です。

 

住宅事情

 マンションには、Studio (1部屋でリビングルーム、ベッドルーム兼用)、1Bed Room(ベッドルーム1部屋、リビングルーム)、2Bed Room(ベッドルーム2部屋、リビングルーム)等の間取りがあります。2Bed Roomには、浴室とトイレが2ヶ所にあるものがあり、ルームシェアをする場合に向いています。一軒家・タウンハウス(独立した住まいが連結している住宅群)は市場の動きが早く、土日を跨ぐと見学予定だった物件がなくなってしまうことも多いようです。

 家賃はエリア、物件、築年数に大きく左右されますが、東京と比較すると家賃は高額です。安全なエリアでStudio/1BRを借りるには月額1,600USD以上必要な物件がほとんどです。不動産業者の方によると、ベイエリアの賃貸物件相場は… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE