2017.05.08 Mon

連載バックナンバー

 執筆は半人前、春への意欲は一人前、花粉症は二人前のアンチョビです。日本より一足早く春がやってきたサクラメントから、おすすめ観光プラン情報をお届けします。楽しく読んでいただくためにも、観光ガイドブックの口調でご紹介させていただきます。

 

サクラメント周辺編

<オールドサクラメント>

 サクラメントといえばこのスポット。約200年前のゴールドラッシュで栄えた街並みが残っており、独特な雰囲気がある観光スポット。お土産屋さんや飲食店、博物館もあり、サクラメント訪問の際は、是非とも行きたいエリア。馬車が走っているので轢かれないように要注意。Stand by me写真を撮影できるスポットもあり。

<カリフォルニア州会議事堂>

 カリフォルニア州の州都であるサクラメントならではの、州の議事堂。一般の方も見学が可能であり、施設内や実際の議会の雰囲気を体感可。歴代の州知事の肖像画が飾られており、映画ターミネーターでお馴染みの方のもあり。ただし本人はI’ll be backしていない模様。日本の国会と違った雰囲気を感じることができるとともに、カリフォルニアの歴史も知るのにもグッドスポット。入口のセキュリティは容姿、雰囲気ともに威圧感あるため、怒らせないのがポイント。

<ヨセミテ国立公園>

 サクラメントではないが東部にあるヨセミテ国立公園はカリフォルニアの中でも有数の観光地。グランドキャニオンとは対照的に緑豊かな自然が広がっており、絶景やハイキングコースも多数あり。車で4~5時間かかるが、苦にならないほどの素晴らしい景色のため、非常に人気が高いスポット。冬は雪道になるため、お勧めは春から夏にかけて。時折熊さんこんにちわも多数報告される。サンフランシスコなど主要都市からツアーなどもあり、意外に日帰り観光にも最適。

 

サンフランシスコ周辺編

<ゴールデンゲートブリッジ>

 サンフランシスコの代名詞と言っても過言ではない観光スポット。橋を渡るのも良し、近くで写真を撮るのも良し。セルカ棒で迷惑をかけないように注意。その後はFisherman’s Wharfで名物のクラムチャウダーや海鮮を食べるのが鉄板ルート。ロブスター尽くしのサンドイッチもおすすめ。ピア39にはお土産屋や飲食店などで賑わっており、The サンフランシスコを感じるためのスポットと言っても過言ではない。海にはアシカらしき生き物が群れており、若干の臭いがするのはご愛敬。

<ナパ周辺ワイナリー巡り>

 サンフランシスコ観光のお供に、是非訪れたいスポットの1つ。車で1時間程度弱のナパには、数百を超えるワイナリーがあり、試飲や食事ができ、ショップ等も併設されており、またワイン貯蔵庫のツアーなども実施されている。試飲は5~6種類のワインを数十ドル程度から体験することができ、カリフォルニアワインを感じることができる。平均的には3~4か所を回ると違いを楽しむことができる。広大な土地で成長しているブドウ畑も壮大であり、ワインのみならず絶景も楽しむことができるのも魅力の1つ。ちなみに、サクラメントからも車で1時間程度であり、サクラメント – サンフランシスコ移動の空き時間に、足を伸ばす方も多い

 

ロサンゼルスについて

 サクラメントの人に言ってはいけない言葉の1つが… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。