2015.12.25 Fri

連載バックナンバー

 ニューヨークに在住のイーライです。ニューヨークはクリスマスから年越しという一年を通してもっともイルミネーションが華やかな時期です。日本と比べてとても寒いのですが、イルミネーションを見ているとその寒さが吹き飛ばされそうな気がしてきます。

 さて、今回は、ニューヨークにおけるお勧め観光プラン(2泊3日)について、レポートします。現地在住だからこそ知っている裏技をできるだけ交えてご紹介したいと思います。

 

1日目

<観光スポット>

 ニューヨークの観光スポットと聞いて真っ先に思い浮かばれるのは、自由の女神像(Statue of Liberty)ではないでしょうか。自由の女神像はリバティ島というマンハッタンの最南端からフェリーに乗って行かなければならない離島にあります。

 島に上陸するためのフェリーのチケットの種類は何種類かあり、自由の女神像の王冠部分まで登るオプション付きのクラウン・チケットもありますが、発売枚数が限定で人気が高いので、数ヶ月前から公式サイトで事前購入しておく必要があります。上陸のみのフェリーチケットであれば当日でも購入可能ですが、観光シーズンはチケット売り場が混むため、公式サイトから事前購入されておくとスムーズです。

 上陸での見学は半日かかるため、海から姿を眺めるだけで十分、他のポイントに時間を使いたい方にお勧めの裏技が、スタテン島行きのフェリーに往復乗船することです。このフェリーは何と「無料」で所要時間片道30分弱、24時間365日運行しています。フェリーから往復とも自由の女神像を真正面から拝むことができます。現地ツアーで自由の女神クルーズも組まれていますが、わざわざ申し込む必要はないのではと個人的には思います。

 マンハッタンの景色(夜景)を高いところから一望したい場合は、エンパイアステートビルかトップオブザロックに登るのが一般的です。おすすめはトップオブザロックです。エンパイアステートビルよりも空いてますし、当然ながらエンパイアステートビルに登ってもエンパイアステートビルの姿は見えません。

<夕食>

 アメリカ、ニューヨークといえばやはりステーキ。こちらのステーキは非常に熟成された肉が提供されるので旨みが深いです。有名なステーキ店といえばPeter Lugerですがマンハッタンから離れたブルックリンとクイーンズにしか店がありません。移動時間が取れない場合は、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。