2015.02.02 Mon

連載バックナンバー

 ニューヨークに在住のバサーです。

 昨シーズン、ニューヨークは記録的な大寒波で日本でも報道されるほどでしたが、今シーズンは、例年並みといったところなのか、今のところ比較的穏やかな日が続いています。

 年末年始、私は、有名なタイムズスクエアのカウントダウンに参加してきました。報道によれば推定で100万人が訪れるイベントと言われており、私は9時間前の31日15:00頃、現地に行きましたが、既に大勢の人で溢れかえっており、身動きも取れないほどでした。厳しい警察のセキュリティチェックを終え、群衆の中でただひたすら9時間立って待ち続け、新年を迎えました。(笑)

 一度、セキュリティチェックの上エリアへ入るとトイレにすら行くことができませんので(一度退場すると再入場不可)参加される場合は、相当の準備と覚悟が必要です。あたかも耐久レースに参加しているかのようなので、チャレンジされる方はご留意ください。

 さて、今回は、ニューヨークにおけるインフラ事情について、レポートします。

 

電力ガス水道事情

 私の住んでいるアパートメントでは、ガス料金と水道料金(※)は、家賃に含まれています。たいていの物件は同様ではないかと思いますが、賃貸契約締結の際に、きちんと確認しておいたほうが良いです。日本と異なり契約社会の国だけあってかなり分厚い契約書に事細かに書いてありますので、すべてに目を通すのは容易ではありませんが、コストにかかわる部分は重要ポイントですね。

(※)NYの場合は、ミネラルウォータや浄水器をつけなくても、水道水で十分美味しく飲めます。

 電気料金は、日本と比べて高い印象です。私の場合は仕事があるため平日昼間は留守にしていますのであまり電力量を使っているとは思いませんが、日本円にして5~6千円は毎月かかっています。ただ有難いことに、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。