2015.01.03 Sat

連載バックナンバー

 ニューヨークに在住のバサーです。

 こちらニューヨークでは、ナショナルホリデーにもあたるサンクスギビングデーを終え、街のあちらこちらが、クリスマスイルミネーションに彩られ、用事がなくても夜の街をブラブラしたくなるような時期となりました。

 ちなみにサンクスギビングデー(11月の第4木曜日)の翌日は「ブラックフライデー」と呼ばれ、日本の初売りのようなものに相当し、各種チェーンストアや百貨店では大規模なセールが行われ、一年で最も買い物がなされる時期にあたります。ただ、ニュース報道によれば、ネット社会が浸透しオンラインで買い物をする人が増加している影響もあって、実店舗での買い物は、昨年同様、減少傾向にあるようです。ちなみに、サンクスギビングデー明けの次の月曜日は「サイバーマンデー」と呼ばれ、オンラインショップ等におけるホリデーシーズンのセール開始日として、ネット通販各社が大々的なキャンペーンを実施します。

 さて前置きが長くなりましたが、今回はニューヨークにおけるビジネスパーソンの一日(出勤事情 ランチ事情)について、レポートします。

 

出勤事情

 マンハッタン周辺を含むニューヨーク市中心地を網羅するSubway、Busに加え、郊外を繋ぐMetro-North Railroad等々、公共交通機関が発達しています。大抵のビジネスパーソンは、公共交通機関を利用して通勤されているかと思います。日本と異なり地下鉄は24時間運行しているのも有難いです。とは言いつつ、私はその恩恵を享受するほど遅くまで外出していることはほとんどありませんが……。

 ただ、平日の深夜帯や土日には“Planed Service Changes”といって、電車がメンテナンス等(※)の理由で運休することがしばしばあります。特に私が通勤で利用しているクイーンズとマンハッタンを結ぶ地下鉄(7 LINE)はかなりの頻度…。11月の週末の半分以上は運休していました。駅構内や電車内に予め張り紙で告知されますので、これにはいつも注意を払っています。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。