Bizコンパス

海外特派員リポート
2013.03.01

ニューデリー駐在員の携帯電話事情

デリー ~Delhi~

 インド・ニューデリーに在住の齋藤です。
 インドと言えば暑いというイメージをお持ちかもしれませんが、冬のデリーは非常に冷え込み、かつ乾燥するため寒さに耐えなければならない厳しい気候となります。
 2月を迎えたデリーは冬を終え、少しずつ暖かくなっていきますが、これが5月頃になると気温は40℃を越え猛暑の域に入ります。
 そんなインドにおける携帯電話事情についてレポートします。

 

<携帯電話普及率>

 下記グラフの通り、固定電話に対し携帯電話は圧倒的な加入者数と伸び率を誇ります。

 

 <携帯電話市場シェア>

 携帯電話市場のシェアは右の円グラフのようになっています。
 BSNLのみが公共セクターですが、大部分はBharti Airtel、Relianceといった民間プロバイダがリードしています。
 またNTTドコモはTata Teleservicesに26%相当の出資をしており、”Tata DoCoMo”のサービスブランドでインドに携帯電話サービスを提供しています。

 

<契約・サービス利用の流れ>

1. 携帯電話端末の購入
 家電量販店・モバイル端末販売店・通信キャリアショップ等で機器の購入が可能です。
 インドではSIMフリーの端末も多く販売されており、iPhoneやGalaxyなどの最新端末も流通しています。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE