2014.05.15 Thu

連載バックナンバー

 インド・デリー在住のアナンドウメシュです。こんにちは。

 デリーの4月、5月といえば、本格的な夏に向けて、気温が徐々に40度近くまで上がるのが恒例ですが、今年も例年通り、40度を超える日も多くなってきました。インド議会の総選挙開票のカウントダウンも始まっており、我々海外移住者はより一層、身の回りの安全に気を配る日々です。

 さて、今回は“海外から見た日本人”について、インドで生活した経験、現地スタッフのヒアリングを元にサポートさせて頂きます。

 

日本/日本人のイメージ

 インド人のほとんどが、日本人は勤勉家だというイメージをもっており、ヨーロッパの一部の国では「過労死」という日本語が通じるのと同様、インド人も日本人の仕事へ対しての姿勢や働きぶりには驚いています。朝は早く、夜も時間が許す限り残業して仕事に励む姿は、終業時刻には家族の元へ帰るインドの文化とは少し異なるので、勤勉家のイメージが定着しています。

 インドで生活をしていると、毎日必ず議論をしている場面にでくわします。インド人は非常に議論好きなので、ミーティングや普段の生活においても自分の主張をしっかりとします。反面、日本人は物静かなイメージを抱かれやすいです。

 日本と言えば?という質問をぶつけてみると、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。