Bizコンパス

海外特派員リポート
2014.02.10

ニューデリーの年末年始について

デリー ~Delhi~

 インド、デリー在住のアナンドウメシュです。

 ニューデリーでは気温が一桁になる朝も多く、至る所で暖を取るためのたき火が目立ちます。11月下旬から大気汚染が深刻化し、粒子状物質(PM10や2.5)の濃度が安全基準の7倍に上り、米環境保護庁の定める基準では「屋外の活動回避を必要とする」レベルに達しましたが、現地の人々は変わらず活気にあふれた生活を送っています。

 さて、今回は北インドの年始年末の過ごし方についてレポートさせていただきます。

 

年末年始の過ごし方

 インドの年末年始は日本ほど大きな休日とは考えられておらず、ビジネスマンの休日も1月1日のみです。年内は12月31日まで働き、年始は1月2日から業務を開始する企業がほとんどです。私たちのような日本企業の場合は、年末年始に帰国をする担当者も多いので、現地インド人スタッフに出社していただき、日本人担当者は休日をずらして、日本に一時帰国をしております(補足:毎年、デリーの12月~2月は空気汚染、濃霧がひどく、飛行機は定刻に飛ばないことも多いです)。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE