2017.02.24 Fri

連載バックナンバー

 マガンダン ウマガ!フィリピン、マカティに在住のジョセフ(Joseph)です。

 最近は雨季も終わり、1年で過ごしやすい季節となりました。もうすぐクリスマスです。フィリピンでは9月からクリスマスツリーが飾られ始め、いよいよ本番を迎えるところです。英語でSeptember(9月)のようにberが付く月からクリスマスの準備が進められています。1年の3分の1はクリスマスを祝っていることには私も驚きでした。

 さて今回はフィリピンのルール・お作法について、レポートします。

 

食事のマナー

○食事の一般的なマナー

 フィリピン人は綺麗好きな人が多く、お皿や箸、フォークなどのシェアを嫌がります。レストランでも自分専用の食器を用意して食事を楽しみます。このあたりは日本人よりも細かいように感じました。またフィリピン人は非常に器用です。よく一緒にランチに行くのですが、左手にフォーク、右手にスプーンで綺麗にフライドチキンなどの食べ物を切り分けて食べていきます。まだ私は真似できないです。

 また支払いですが、お金を多く持っている人が払うというフィリピンの慣習があるようです。決して毎回というわけではありませんが、会社のみんなで集まって食事をする際には役職の高い人がお会計を済ませているようです。

○誕生日のお祝い

 フィリピンでの誕生日では、周りの友人やチームメイトに誕生日の本人がご飯をご馳走します。この文化は、自分の誕生日を祝ってもらうという考えからきているようです。誕生日の時にはケーキやピザといった食べ物が届けられるため、その誕生日の人の周りにはたくさんの人が集まります。多くの人が誕生日プレゼントを買ってくれる日本とは真逆の文化ですね。最初はびっくりしましたが、誕生日を派手に行うことがこちらの”ステータス”のようです。私の誕生日の時はチームメイトへランチをご馳走しました。日本と同じようにケーキや誕生日プレートが出てくるので、日本と変わらない部分もありました。

○初任給のお祝い

 初めてチームメイトがお給料を貰ったときの話になるのですが、フィリピンでは初任給で周りの人にご馳走するという文化があるようです。はじめて貰った大切なお給料でご馳走してもらうのは申し訳なくも感じましたが、日ごろからお世話になっている人への感謝とこれからの成功を祈願してお祝いをするようです。日本では初任給で家族にご馳走をするのと似た慣習かもしれません。

○パーティー

 フィリピン人はパーティーが大好きで、食事中もずっと喋っています。またパーティーのような場では、すぐクイズゲームが始まります。ゲームで商品を競いながら食事を楽しみます。全員で盛り上がりながらゲームを楽しむので、そのときの一体感は迫力がありました。またフィリピン人の誰もが歌もダンスも上手ですよ!クリスマスパーティでは衣装を用意して、みんなで踊ったりもしました。もちろん練習から本気ですよ。気さくな人が多いので一緒に乗ってあげると喜びます。

 

交通マナー… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。