Bizコンパス

海外特派員リポート
2015.05.08

ロンドンの住宅事情

ロンドン ~London~

 ロンドン在住のステ子です。

 5月の日本は草花や新緑が美しい季節ですね。ロンドンでも長かった冬が終わり、各地にあるイングリッシュガーデンでイギリスならではの草花を楽しむことができる季節になりました。

 春といえば、新生活を始められる人も多いはず。本記事では、物件探しを始めとするロンドンでの住宅事情をご紹介します!

 

ロンドンでの物件探し

 日本では集合住宅のことを「マンション」や「アパート」と呼んでいますが、イギリスではフラット(flat)と呼びます(集合住宅で各世帯が1つの階に限定されていて、住宅が「平ら」であることが語源)。

 ロンドンでのフラットを探す場合、基本的には日本と同じく、エージェントに希望エリアや条件を伝えて現地を下見する流れです。日本人駐在員に人気がある条件は、日本食料品店が近くにあることや、地下鉄が2路線以上利用なエリアであること(地下鉄が頻繁に止まるため、迂回経路が必要だからです)といったポイントです。

 フラット探しのポイントとして、私が最もおすすめしたいのは、念入りな下見と契約前の交渉です! ロンドンの住宅は建物が古く、セントラルヒーティングが壊れてる、シャワーのお湯が出ない、という住宅トラブルはよくあることです。いずれも住み始める前に確認し、修理は必要な場合は契約前に大家さんと修理の交渉をしましょう。大抵の大家さんは交渉に快く応じてくれます。

 ちなみに私のフラットは大雨の日に雨漏りします。4階建てのフラットの3階の部屋であるため、雨漏りチェックまでは事前にしませんでした……。予想の斜め上をいくトラブルが起こるのもロンドンならではですので、楽しんで乗り越えたいと思っています!

 

ロンドンの住宅設備

 ロンドンのフラットの家賃は日本と比べて決して安いとは言えません。条件にもよりますが、だいたい東京の家賃の2倍くらいでしょうか……。その代わり、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE