2015.02.21 Sat

連載バックナンバー

 皆さん、こんにちは。ロンドン在住のアンです。

 今年の日本は寒冬で、東京でも大雪が降ったようですね。ロンドンの冬は相変わらず曇りや雨が多いですが、平均気温は5度前後と皆様が想像しているよりも過ごしやすい冬であるかと思います。

 さて、今回はそんなロンドンにおけるインフラ事情を、いくつかピックアップしてレポートさせて頂きます!

 

<電力>

 電力は日本のようにしっかり整備されています。地域によっては、時々停電などもあるようですが、個人的には特段問題なく生活出来ています。

 日本と異なる点としては、請求が挙げられます。日本は毎月請求ですが、こちらでは3か月毎の請求となります。また、日本では電力会社が各自宅へ訪問しメーター検針を実施しますが、こちらでは利用者が自宅に設置されているメーター数値を自己確認・申告します。稼働費を抑えるのが意図なのでしょうか…。利用者が電力使用量を日々意識し、生活することにもつながる仕組みなのかもしれません。電気利用プランも選択出来、個人の生活スタイルに合った電力の使い方が出来るようになっています!

・セントラルヒーティング

 冬の日本で電力使用が多くなる要因の一つは暖房ですが、こちらで主流の暖房法はセントラルヒーティングです。日本とは異なる点として少しご紹介します。仕組みとしては、建物に設置されているボイラーが温水を作り、各部屋に設置されているラジエーターに温水が流れ、各部屋を暖かくします。各部屋に暖房装置を設置するより効率的に、そして安価に部屋を暖める仕組みです。

 寝室や居間以外にもバスルーム、キッチンにも通常ラジエータが設置されおり、常に室内は温かい状態です。冬でも半袖で過ごされる現地の方が結構いるほどです。部屋の暖房機能以外にもシャワー、洗濯や食洗機などの生活温水にも利用されています。

 

<水道水>

 イギリスの水道水は… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。