Bizコンパス

海外特派員リポート
2013.12.23

ロンドンの医療事情

ロンドン ~London~

 Cheers!イギリス・ロンドン在住のTAMです。
 今年もインフルエンザの季節がやってまいりました。さて、今回はロンドンの医療事情についてレポートします。

 

医療制度について

・ゆりかごから墓場まで ―from the cradle to the grave―
 皆さんも一度は聞いたことのある言葉ではないでしょうか。これは、社会保障制度の充実を示し、第二次世界大戦後にイギリス労働党が掲げた有名なスローガンであり、世界中から移民を惹きつけた制度とも言われております。それでは、以下、医療制度について簡単に説明します。

・NHS ―National Health Service―
 NHSとはイギリスで実施されている医療費無料の国営医療保険制度です。16歳から強制的に加入させられ、所得に応じて保険料を払います。なお、イギリスに1年以上滞在予定の人が対象になります。この制度を利用して、無料でイギリスで出産される駐在員のご夫妻も多数おります。

・GP ―General Practitioner―
 NHS制度下ではGP(地元のお医者さん)への登録が義務付けられます。病気になると、このGPの診療を受けます。専門医の治療が必要と判断された場合にはGPの紹介により他の専門病院で専門的な治療を受けることになります。
 しかしこの制度にも問題点はあります。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE