Bizコンパス

海外特派員リポート
2013.11.06

ロンドンの交通事情

ロンドン ~London~

 ロンドンの外れに住んでいるマシューです。

 10月吉日、今日の朝の最低気温は6度、フロントガラスの朝露をワイパーで拭い、キンと冷えた車内をヒーターで暖め、出勤です。今日はイギリスの交通事情、中でもクルマ事情についてレポートします。

 

産業革命時代から育まれ続けた都市交通網

 ロンドン中心部は150年という世界で一番古い歴史を持つ地下鉄(UNDERGROUND,TUBE)や、ロンドンの看板であるダブルデッカー、タクシー、そしてテムズ河には船など、交通網は日本の大都市と同じように、大変発達しています。

 マイカーは、ロンドン中心部に乗り入れる場合、平日の朝7時から夜6時まではCongestion Chargeという通行料が必要です(1日約1,500円)。朝7時台から9時頃までは、電車も道路も東京と同じく、都心への通勤は公共の交通手段が便利ですが、私はロンドン郊外に職場があり、毎日、車で通勤をしています。

 一方、ロンドンから少し離れると景色はすぐに田園風景に変わり、郊外での日常生活はマイカーがないと不便を感じます。イギリスの交通ルールは、日本と同じく左側通行。車もほとんどは右ハンドルですから、日本人にとってはあまり違和感なく運転可能です。しかし、所変われば、交通ルールも変わる。ということで、イギリスで運転するときに気を付けるべきことをご紹介します。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE