2016.12.23 Fri

連載バックナンバー

 マレーシアのサイバージャヤ在住のNickです。

 日本では11月に54年ぶりに東京で初雪を観測し、12月ともなればもうすっかり冷え込みが厳しくなっているであろう今日この頃。東南アジアに位置するマレーシアは、依然として暖かく、クリスマスツリーは飾ってあるものの、なんとなく違和感を覚えながら毎日を過ごしております。

 昨年この時期は、JR東日本のスキーCMの広告が誰なのか、そわそわしながら過ごしていたなぁ、と回顧しながら記事を書いています。(11月中旬の某日)

 まずは初回ということで、マレーシアについて少し説明します。

 マレーシアは東南アジアの中心に位置しており、マレー半島南部とボルネオ島北部からなっている実は結構大きな連邦制国家です。日本との時差は1時間程度であり、公用語はマレー語ではあるものの、かつて英国の植民地だった関係で、英語も問題なく通じます。

 また、気候に関しては赤道に近いため、暑いと思われがちですが、日本のような厳しい暑さや寒さはなく、平均気温は年間を通じて26~28度程度と安定しています。以前、アメリカの西海岸で少しの間生活したことがあるのですが、同じような気候です。*ちなみに花粉症もありません。

 治安に関してはハワイと同じぐらいと何処かの記事で見ました。実際住んでみての感想ですが、確かに日本ほど安全ではないものの、世界の中では安全な方だと思います。

 少し話が逸れましたが、今回は「住宅事情」についてレポートします。

 

住宅の選び方

 ここでは私がどのように住宅を選んだのか、お話ししたいと思います。

 同じ時期にマレーシアに来た同期と共に現地の不動産に連絡を取り、現在の家を決めました。

 選ぶに当たって2、3人の不動産を通して、12~13部屋ほど内覧しました。

 私の会社では、サイバージャヤに住むよう指定があり、地域の中で“立地、費用、清潔さ”を基準に家を探しました。

 家を探していく中で3つのコンドミニアムに絞られたのですが、どこのコンドミニアムも部屋によりけり、安かろう悪かろう、というものでしたので、自分の基準にあった中で一番良いと思った部屋を選択し、不動産を通して、オーナーと契約をしました。

 

インフラ周りの注意点

 マレーシア、とりわけ自分の住んでいるサイバージャヤという地域は東南アジアの中でもとりわけ綺麗な地域です。インフラの面でもとても安定しており、未だに断水は2,3度しかありませんし、電気に至っては一度も停電がありません。

 しかしながら、インターネットの導入に関しては非常に大変な思いをしました。というのも、インターネットは業者に頼んでルーターを設置してもらうのですが、その業者がまぁ来ない。1度目の設置の際、ケーブルに問題があることが分かりケーブルの交換をお願いしたのですが、1,2度のドタキャンならまだしも、なんと5度もドタキャンされ、導入までに1か月以上かかりました・・・。

 ただインターネットのなかった生活を振り返ると、健康的で良かったなとも今では思います。

 

お金周りの注意点

 私の場合は基本的に預金口座を作らなくても良かったのですが、私は何事も経験と思い預金口座を作りました。作成すると決めたときには思いもよらなかったのですが、今年度は政府が… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。