2016.06.11 Sat

連載バックナンバー

ジャカルタに在住のムムです。

 インドネシアではムスリム(イスラム教徒)の方が日の出から日没までの間飲食をしない、ラマダン(断食)の時期となりました。この断食を約一ヶ月間行うことが義務となっており、日中の飲食を断つことで神の恵に感謝します。
 日本人もこの時期は、ムスリムの同僚の前での飲食を控えるようになります。

 さて、そんなインドネシアから今回はお酒事情について、レポートします。
 既に知っている方も多いと思いますが、イスラム教では飲酒は禁止となっています。そのため、ムスリム国家のインドネシアでは、多くの人に飲酒の習慣はありません。

 ただ、ジャカルタやバリ島などの大都市やムスリム以外が多数派の地域では、アルコールを楽しむ方も多く見受けられます。

 お酒好きな人が多い日本人からは信じられないかもしれませんが、結婚式や会社のお祝い事といったイベントがあっても、お酒が提供されないこともしばしばあり、食事と会話を楽しみます。

 一方で、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。